japanja
クレジット・アウトルック:大盤振る舞いに伴う混乱

クレジット・アウトルック:大盤振る舞いに伴う混乱

15-07-2022 | インサイト
債券市場におけるリプライシング(価格水準の調整)の動きは、非常に大きなものでした。その一方で、パニックやボラティリティが投資機会に結び付くこともあります。
  • Sander  Bus
    Sander
    Bus
    Co-head Credit team
  • James Stuttard
    James
    Stuttard
    Head of Global Macro team and Portfolio Manager
  • Victor  Verberk
    Victor
    Verberk
    CIO Fixed Income and Sustainability

要点

  • インフレ圧力が高まる中で、経済成長に対するリスクも増大
  • 年初来の調整を受けて、バリュエーションは大幅に改善
  • 債務残高が過去最高の水準に達する中で、セーフティーネットは除外された

米国債市場では、1 月~4 月期に、1788 年以降で最も大きな調整が見られました。その上、クレジット・スプレッドも拡大しました。債券市場におけるリプライシング(価格水準の調整)の動きは、あらゆる評価基準において非常に大きなものでした。世界情勢には厳しさがにじみ、弱気相場入りも容易に想定されます。その一方で、パニックやボラティリティが投資機会に結び付くこともあります。

既に投資機会が生じるようになった市場も散見されます。足元の水準で投資適格債市場には割安感が存在するため、ボラティリティに耐えられる投資家、長期的な投資のホライズンに備えることができる投資家にとっては、購入を始めるタイミングかもしれません。一方、ハイイールド債市場はその段階に至っていませんが、同市場の中でも信用力の高い銘柄は既に魅力的であると判断しています。

足元の混乱に至った経緯を振り返ると、パンデミック危機下においては、政策対応の効果は高い対処療法であると考えられましたが、大規模な財政政策と金融政策がセットで行われることによって、インフレという病の重要な要因の1つである「大盤振る舞い」の時代が、さらに延長される結果となったのです。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

状況悪化の予兆

経済においては、過熱状態が続く分野も数多く存在しますが、先行指標は景気後退入りのリスクを一段と示すようになっています。消費者景況感指数、生産者景況感指数、イールドカーブの逆イールド化、住宅取得能力指数などは、軒並み状況の悪化を予兆しています。インフレ高進への対応として、金融政策が積極的に引き締められている現状を踏まえると、これは意外なことではありません。

現在、中央銀行にとって、需給バランスを改善しインフレ抑制を図るためには、金融環境をさらに引き締める以外の選択肢はありません。引き締め政策を終了する前に、インフレが低下に向かう明確な証拠を確認する必要があります。インフレ圧力がわけもなく自然に消滅する可能性は低いようです。

昨年、政策当局は「一過性(transitory)」という単語を用いて、自然に消滅するシナリオを期待していましたが、この単語もずいぶん前に否定されてしまいました。1955年以降の歴史が参考になるのであれば、ラリー・サマーズ氏とアレックス・ドマッシュ氏が初めに想定したように、インフレと労働市場が現在のように過熱する状況において、FRBが金融政策を引き締めると、確実に景気後退につながると結論付けざるをえません。

インフレはオーバーシュート

インフレは欧米諸国においてはオーバーシュートしていますが、中国では概ね抑制された状態が続いています。米国の場合、インフレ高進を後押しした主要な要因が、需給ギャップが既に解消された段階において過剰な財政刺激策が実行されたことであることは、極めて明白です。一方、欧州においても、過剰な財政支出という側面が存在しますが、それに加えて、ロシア・ウクライナの軍事衝突に起因する食品・エネルギー価格ショックと、外国為替のチャネルを通じたインフレの輸入という要因も存在します。

米国では、インフレが実質所得に対して1970年代以降で最大の打撃を与えています。中国のマクロ情勢が脆弱な状況において、急激な金融引き締めと相まって、景気後退に陥る真のリスクが存在するとロベコでは考えています。1970年代の事例とは、他にも類似点が存在します。当時の政策当局も、インフレは外的ショックに端を発したものであり、一過性のものであると主張していました。

1つ1つが一過性のショックであったにもかかわらず、総合的に個人のインフレ期待を押し上げる要因となり、インフレのダイナミクスを一段と定着させ、賃金と物価の自己強化的な上昇スパイラルを招く結果になりました。現時点でインフレが制御不能に陥る様子は見受けられませんが、そのような種類のインフレは対応が極めて困難になりうるため、中央銀行は必死に回避しようとしています。

企業は健全だが、負債水準の確認が必要

企業の収益率は循環的に高い水準にありますが、これは景気減速直前の現象として珍しいことではありません。2020年から2021年にかけては、供給の制約と政策支援がマージンの拡大に寄与するなど、企業は堅固な価格決定力を確保していました。主要な地域においては、企業収益は2019年を20~40%上回る水準に軒並み達しました。

企業の健全性を判断する上で、金利感応度に注目することは重要なポイントの1つになります。バランスシート上で財務レバレッジが高く、変動金利型の負債が大きい企業の方が、脆弱性が高いことは明らかです。

ガスの供給が逼迫していることや、交易条件ショックを受けて電気やガスのユーロ換算価格が非常に高い水準に押し上げられていることを踏まえると、欧州の方が状況は厳しいようです。エネルギー危機は欧州諸国にとってマイナス要因ですが、同時に、ECBがFRBのように積極的に利上げを行う動きが抑制されることにもつながります。

ロベコは欧州の銀行をオーバーウェイトとしています。(2007~2009年の)世界金融危機が脳裏に焼き付いているお客様も多いため、同セクターについてコメントしておくべきでしょう。パンデミック危機の下で、公的保証付き融資という形で、大量の中小企業の信用リスクが銀行のバランスシートから政府系機関に移転されました。主に南欧諸国で多く見られ、イタリアでは残高がGDPの10%を上回る水準に達しています。

このため、デフォルト率が上昇した場合でも、損失の一部は政府が負担することから、銀行は部分的に保護されていることになります。銀行が難局を乗り切る上で、自己資本の健全性と、信用損失が過去の景気悪化時を下回るという見通しが、プラスに作用するであろうと判断しています。次の景気後退局面において、銀行がストレスの震源地になることはないという安心感が存在します。

バリュエーションはより魅力的に

クレジット市場では、あらゆるセグメントのスプレッドが、明らかに中央値の水準を上回っています。ユーロ建ての投資適格債とハイイールド債に関しては、第1四分位に達しています。

市場のサイクル | マーケット・セグメントに対する我々の見解のマッピング

出所:ロベコ、2022年6月

投資適格債については、ポートフォリオのベータが1を若干上回っても問題ない水準に達しています。ハイイールド債と新興国債券のポートフォリオにおいても、ベータのアンダーウェイト幅を縮小していますが、全てのポートフォリオにおいてプラスにしているわけではありません。

ハイイールド債については、投資適格債よりも慎重な見方をしています。歴史的な基準で見ると、現在のハイイールド債と投資適格債のスプレッド比率はタイトであり、リスク調整後ベースでハイイールド債がアンダーパフォームする余地が残されます。とりわけ、信用力の低いセグメントが脆弱であるとみています。このセグメントでは、景気後退局面において、銘柄固有のリスクが高まり、ボラティリティが拡大する見通しですが、そのリスクは十分に織り込まれていません。

テクニカルは脆弱

年初来、中央銀行の政策が資産価格の主要な決定要因となっていることは明らかです。物価を安定させ、(オーバーシュートしてデフレを引き起こさない範囲で)インフレ率を政策目標まで引き下げるために、金融政策をどの程度引き締めるべきかについては、大きな不確実性が存在しています。債券市場では、この不確実性を背景にボラティリティが大幅に上昇しています。

年初来の調整は、流動性が極めて乏しかった2020年3月や2008年9月の状況を連想させるものでした。また、投資銀行のバランスシートが世界金融危機前と同じではないことを、再確認するきっかけにもなりました。金融規制の強化、リスク管理の厳格化、現物有価証券保有の意欲低下といった要因によって、投資銀行は市場が急変した際のショック・アブソーバーとして機能しなくなりました。

このため市場では、誰もが出口を求める状況において、流動性が急激に悪化することになりました。このような市場環境において、逆張り的なスタンスを取ることの重要性が改めて浮き彫りになりました。他の誰もが同じ方向を向いているタイミングでは、出口を急ぐべきではありません。市場は脆弱な状況にあります。

結論

総じて言えば、足元のバリュエーションは、クレジット市場に対していくぶん前向きなスタンスで臨むべきことを示唆していますが、その一方で、ファンダメンタルズとテクニカルは依然として脆弱な状態です。市場はQEの期間中に、FRBと戦うべきではないことを学習しましたが、今回の引き締め局面においても、同じことが言えます。インフレとの戦いに取り組むFRBは、副次的なダメージとして市場環境の悪化を受け入れようとしています。スプレッドが一段と拡大する展開も十分想定されることから、悪化した段階でベータをさらに引き上げることを検討する方針です。

景気後退入りのリスクが高まる中で、市場もそのシナリオに向けて変動しています。とは言え、現時点では、パニック売りや正当化されないほどの下落という段階には至っていません。そのような機会が向こう3~6カ月の間に生じることも、十分考えられます。

Leave your details and download the publication

ディスクレーマー

個人情報は、細心の注意をもって適切に取り扱います。事前の同意なしに第三者に提供することはありません。

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会