28-02-2023 · インサイト

Quantifying corporate emissions for portfolios

Achieving net zero by 2050 is a daunting task for investors, who face an uphill struggle in analyzing the right data. All companies release carbon emissions that must be reduced if climate change is to be abated. Finding out how much, where and when is often as big a problem as the emissions themselves, and even when the data is collected, it requires expert analysis to make sense of it.

    執筆者

  • Thijs Markwat - Climate Data Scientist

    Thijs Markwat

    Climate Data Scientist

  • Laurens Swinkels - Head of Quant Strategy

    Laurens Swinkels

    Head of Quant Strategy

Quantifying corporate emissions for portfolios

The issue is discussed in ‘Corporate carbon emissions data for equity and bond portfolios’, an academic paper by Robeco’s data scientist Thijs Markwat and quant researcher Laurens Swinkels. They compare corporate carbon emissions data from four data providers for investment universes in developed and emerging equity markets, as well as investment grade and high yield credit markets.

Scopes 1,2 and 3

They look at how data for scope 1 emissions, which are generated directly by the company, and Scope 2 emissions, which are created by the energy used, is relatively straightforward. However, the data for Scope 3 emissions generated across the product’s life is much harder to get and then more complex to analyze; indeed, much of it needs to be estimated using an uncertain set of parameters.

Regarding asset classes, emissions data coverage is higher and more consistent across providers for equity markets, but less so for corporate bonds. The paper offers solutions to increase coverage and consistency, and ends on a high note by explaining that the data has become more reliable and uniform over time, with an increasing number of companies reporting their carbon emissions.

Read the full paper

サステナビリティに関する最新の「インサイト」を読む

ロベコのニュースレターにご登録いただくことで、いち早く最新のインサイトを入手し、環境に優しいポートフォリオの構築にお役立てください。

最新情報を受け取る

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。 ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。 運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。 当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。 商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号 加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会