japanja
アグリゲート債券(トータル・リターン・グローバル債券)

アグリゲート債券(トータル・リターン・グローバル債券)

逆張りスタイルのファンダメンタル運用債券戦略

主な特長:

  • グローバル債券ユニバース全体から投資機会を柔軟に追求
  • 国別配分と発行体選択のプロセスにESGアプローチを統合
  • リサーチ主導で投資テーマや見方を決定

運用哲学

債券市場は非効率的です。ロベコは、バリュー重視の逆張りアプローチを適用することで、市場サイクルを通じてこうした非効率性を見極め、その恩恵を享受することを目指します。ロベコではそれを可能にする運用能力とプロセスを構築しています。

債券市場では、投資家タイプによる運用上の制限や組織の硬直性など、様々なファクターの影響により分断が生じています。これにより、セグメント間の乱れや関係の変化につながることがあります。ロベコは、その柔軟な運用戦略により、多様な投資機会の中から選択することができ、地域レベルや資産クラス・レベルの双方において、こうした人為的な市場障壁の多くを超越した運用が可能となっています。

運用プロセス

当戦略の運用プロセスは4つの段階で構成されます。

ステップ1:四半期アウトルック  まずファンダメンタルズ面のインプットを集め、主要国経済を分析し、これを景気循環的な観点で検討し、金利とクレジット・スプレッドのサイクルを見定めます。

ステップ2:ポートフォリオ構築と最適化  様々な債券セグメントが、循環的な枠組みのどこに位置するかを議論し、見解をまとめます。これが、戦略的債券資産配分のポジションの土台となります。

ステップ3:リスク管理  ポートフォリオ全体のリスクを継続的に管理します。

ステップ4:執行  経験豊富なポートフォリオ・エンジニアリング&トレーディング・チームがポートフォリオの実行においてポートフォリオ・マネジャーをサポートし、新たな投資機会に集中できる体制となっています。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

ポートフォリオ・マネジャーは、戦略の全体的なポジショニングに関する責任を負います。債券ユニバース内でのクロス・アセット・アロケーション、デュレーション管理、イールドカーブ、国や通貨のポジショニングなどがこれに含まれます。ポートフォリオ・マネジャーはグローバルマクロ・チームの一員となっています。同チームは、非常に経験豊富なポートフォリオ・マネジャー、エコノミスト、ストラテジスト、マクロ・アナリストから構成されています。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先

その他