japanja
Anyone for hiking this summer?

Anyone for hiking this summer?

30-06-2022 | 四半期アウトルック
Hiking in summer is a popular way of getting away from it all, rambling across the hills and enjoying the views. It has an altogether different meaning though for the Federal Reserve, which faces a summer of hiking interest rates to combat runaway inflation.
  • Arnout  van Rijn
    Arnout
    van Rijn
    CIO Asia Pacific
  • Wim-Hein  Pals
    Wim-Hein
    Pals
    Head of Emerging Markets team
  • Audrey Kaplan
    Audrey
    Kaplan
    Portfolio Manager

Speed read

  • Clarity needed as we enter a summer of rate hikes
  • Emerging markets and Asia are less troubled by inflation
  • Value and pricing power is important to outperform

Equity investors often become collateral damage when a powerful central bank sets out to achieve an objective that usually involves tackling something unpleasant. The European Central Bank seems likely to follow the Fed and hike rates as well. Certainly, the party of large-scale money printing is over, and summer thunderstorms of tightening are replacing the QE sunshine.

But this doesn’t necessarily bode badly for stocks, if the core problem of bringing inflation under control is achieved. What we do need, though, is some clarity about both the size and direction of rate rises. Equity markets would like them to be executed as quickly as possible to get the pain out of the way. Then we can focus on the new reality and start looking for real value in the markets.

Also don’t forget that emerging markets and Asia are less troubled by the inflation that is raging through the West, and the fact that Asian economies have been operating below their true potential for years means they offer some excellent upside. That’s why we remain optimistic in our Q3 Fundamental Equities Outlook that there are still attractive long-term opportunities for investors.

Read the full quarterly fundamental equity outlook

ディスクレーマー

個人情報は、細心の注意をもって適切に取り扱います。事前の同意なしに第三者に提供することはありません。

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会