japanja
エマージング・マーケット株式戦略

エマージング・マーケット株式戦略

1930年以来新興国市場に投資

主な特長:

  • 1930年より新興国市場投資を行うパイオニア
  • 現在の新興国専任チーム・ヘッドは1994年のチーム創設時からのメンバー
  • トップダウンの国別配分とボトムアップの銘柄選択によるバランスのとれたアプローチ

運用哲学

規律ある運用プロセスを踏むことで、新興国の市場バイアスに起因する非効率性を活用し、超過リターンを獲得します。 


 当戦略で採用するアプローチ 

a) アクティブな国別配分で新興国間のリスクと投資機会の相違を捉えます。 
b) ファンダメンタルズ重視の銘柄選択分析により、長期的な投資視点で構造的な原動力を明らかにします。 
c) クオンツ・モデルで、市場参加者の行動バイアスから生じる歪みを捉えます。 
d) バリューバイアスのアプローチで、構造的な収益見通しが市場で定まらず、割安に放置されている投資機会を特定します。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用プロセス

まず、トップダウンの国別配分で、新興各国のマクロ経済にプラスとマイナスの影響を及ぼす原動力を特定します。各国における銘柄選択の基盤は、上記原動力に加えて、ロベコ独自のクオンツ銘柄選択モデルとファンダメンタルズ重視の綿密な企業分析です。長期的にアウトパフォームする銘柄を、健全なビジネスモデル、堅固な成長見通し、妥当なバリュエーションに裏打ちされた企業に焦点を当てて、特定します。

運用チーム

当運用戦略は、新興国専任のスペシャリストで構成されたチームが運用します。チームメンバーはそれぞれ特定の国やセクターを担当します。新興国市場チームは、65名の運用プロフェッショナルから成るロベコのグローバル・ファンダメンタル株式チームに組み込まれています。香港および上海を拠点とするアジア太平洋株式チームも同チームに含まれます。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先

その他