japanja
ロベコ、環境省が選ぶ「ESGファイナンス・アワード」投資家部門を2年連続受賞

ロベコ、環境省が選ぶ「ESGファイナンス・アワード」投資家部門を2年連続受賞

24-02-2021 | プレスリリース

2021年2月24日 東京: グローバルに展開する資産運用会社ロベコの日本法人ロベコ・ジャパン株式会社は、環境省が選定する「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」において、投資家部門 アセットマネージャー部門 銅賞を受賞しました。昨年度の銀賞(環境大臣賞)に続き、2年連続の受賞となります。同賞は、本日開催されたオンライン表彰式において授与されました。

ESGファイナンス・アワードは、ESG金融に積極的に取り組む金融機関、諸団体や環境サステナブル経営に取り組む企業を評価・表彰し、その内容を共有することを目的として、環境省が昨年度に創設したもので、今回が2回目の開催となります。

同アワードの「投資家部門」は、ESG要素に考慮した投資を積極的に行っている機関・団体の取り組みを表彰するものです。「アセットマネージャー部門」においては、資産運用・エンゲージメントにおいてESG要素を考慮するとともに、インパクトの創出を意図した取組を実践していることを重視して選定が行われました。

ロベコ・ジャパン代表取締役社長の坪田史郎は、次のように述べています。「昨年に続き、当社の先進的なサステナブル投資の実績をご評価いただけたことを大変光栄に思います。今、投資業界は、サステナブル投資のアンビションや方針を策定する段階から、ポートフォリオへの実質的なインパクトを創出する段階に移行すべきタイミングに来ていると、ロベコでは考えています。また、エンゲージメントなどスチュワードシップの重要性も一層増していくことでしょう。ロベコでは、今回の受賞を励みに、こうした重要分野の取り組みを引き続き最前線で推進してまいります。」

ロベコは、1990年代からサステナブル投資をリードしてきたパイオニアとして、常に改善と革新を追求し続けています。昨年は、気候専任ストラテジストの採用、化石燃料関連の投資除外を全ファンドに適用、2050年までに全運用資産の温室効果ガス排出量を実質ゼロにするアンビションの発表、パリ協定準拠型の気候債券戦略の設定など、緊急性が高まる気候分野の施策を積極的に実現させました。2021年も、現実社会へのインパクト創出を重視しながら投資リターンを追求する施策を進めてまいります。

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会

本記事に関連するテーマ: