japanja
事実か虚構か:サステナビリティ投資は新興国市場では機能しない?

事実か虚構か:サステナビリティ投資は新興国市場では機能しない?

18-12-2018 | インサイト

西洋諸国においてサステナビリティ投資はその地位を着実に築いてきましたが、より大きな課題に対峙する新興国市場では、果たして機能するか疑問を感じる人もいます。実際には、これまでの経験から、新興国市場には巨大な投資機会と、明確なESGリスクや課題が存在していることが分かっています。

  • Guido Moret
    Guido
    Moret
    Head of Sustainability Integration Credits
  • Masja Zandbergen - Albers
    Masja
    Zandbergen - Albers
    Head of sustainability integration

要点

  • 新興国市場にESGを適用する比率は低水準に留まっています。
  • しかしながら、サステナブル(持続可能)な株式や債券を見出すことは可能です。
  • ガバナンスの向上やインパクト投資も効果を発揮しています。

大規模な都市化や森林破壊など環境に対する脅威があり、低賃金での児童就労や強制労働の継続は社会問題となり、一部の国有企業や個人などの少数株主による集中保有はガバナンスの問題を生じさせています。新興国の中には、国民に満足に食料が行き渡らない国もあり、太陽光発電や電気自動車の導入などは夢のような話です。

例えば、アジアでサステナビリティがほとんど根付いていないという認識は、Global Sustainable Investment Alliance(GSIA)の数字からも裏付けられます。2016年末時点のGSIAのメンバーによる投資額22.9兆米ドルのうち、日本を除くアジアの割合は僅か0.2%の520億米ドルでした1

では、これらの地域でサステナビリティ投資を行うべき理由はあるのでしょうか。実際のところ、まさにこのような問題があるからこそ、新興国市場のポートフォリオを構築する際、特に魅力的な材料を探す上で、ESGの利用がますます重要なのです。

そして、新興国市場における適用にはより大きな効果があります。ある調査によると、先進国市場でESGの実践により企業業績にプラスの影響が出るケースは38%であるのに対し、新興国市場では65%のケースでプラスの影響が表れているという結果が出ています。ガバナンスへの取り組みが最も大きな影響を与えることが明らかになっています2

サステナビリティ投資に関する9つの新たな考え方

今すぐダウンロード(英文)

図表1:ESGと企業業績との関係

出所:Friede他(2015年)

サステナビリティ特性がより高い新興国市場ファンドを創設する方法の1つが、ロベコのクオンツチームによる2017年発表の研究論文「Going for green alpha in emerging markets(新興国市場で環境アルファを追求)」で紹介されているように、ファクター投資を通じたクオンツ運用を取り入れることです。具体的には、水利用、CO2排出、廃棄物およびエネルギー使用などのフットプリントを20%抑制することにより、ベンチマークよりもサステナビリティ特性が20%高いポートフォリオを構築する方法がとられます。さらにこの方法では、広範にわたる価値に基づく除外リストを使用し、石炭、煙草、ギャンブル、武器製造などの業界の企業を排除しています3

また、新興国市場の株式運用では、異なる戦略を組み合わせることも大切です。伝統的なESG要因に着目したファンダメンタル・アプローチと、低ボラティリティなどのファクターを追求するクオンツ・アプローチの両者を併用することです。より低リスクで同水準のリターンを得ることができる市場も存在するからです。これについては、ロベコの別の研究論文「Combining quant and fundamental to diversify your emerging market equity portfolio(クオンツとファンダメンタル運用の組み合わせによる新興国株式ポートフォリオの分散)」で紹介しています4

新興国債券を対象に

十分な情報に基づく投資判断を行うために、信頼できるデータを手に入れることは重要な作業の1つです。ロベコの新興国市場チームは、ポートフォリオ構築に当たってリスクと投資機会を評価するため、国レベルの分析によるトップダウン要因と、最適な銘柄を発掘するボトムアップの評価基準を組み合わせて活用することにより、重要なデータベースを築き上げてきました。

トップダウンの評価に関しては、同チームはロベコSAMのカントリー・サステナビリティ・ランキング(CSR)を使用しています。半年に1度のこのレポートは、汚職が容認されやすい土壌、内部対立の度合、メディアの相対的な自由度、経済発展する上での石油などの商品価格に対する脆弱性など、新興国市場に特に影響を与えるさまざまな要因を検証しています。CSRには、オールカントリー・インデックスとカスタマイズされた新興国市場のインデックスがあります。2017年10月時点で、新興国市場のCSRで最も低かった3ヵ国は、ナイジェリア、パキスタン、ベネズエラであり、反対に上位3ヵ国はシンガポール、香港、そしてチェコ共和国でした

サステナビリティ投資の真実:“事実”か“虚構”か

ビデオを見る

ガバナンスの向上

サステナビリティへの取り組みによって明らかに改善された分野を1つ挙げると、アジアにおけるコーポレートガバナンスがあります。ロベコは長年、投資対象である企業とのエンゲージメントにより、女性取締役や社外取締役の欠如、少数株主の不平等な扱いなどの問題に取り組んできました。日本や韓国でのガバナンスは目に見えて向上してきたため、株式市場の株価倍率は今後上昇が予想されると、ロベコは2017年10月に報告しています6

また、投資家によるアクティブ・オーナーシップを推進する、任意のスチュワードシップ・コードがアジアで導入された結果、エンゲージメントや株主総会での議決権行使の水準が高まり、最低限の必要条件を満たさない企業は排除されるなど、全般的に水準が向上してきました。

最後に、ESGデータの専門プロバイダーであるサステナリティクスによる、影響力の大きな研究論文「Bridging the gaps: effectively addressing ESG risks in emerging markets(ギャップを埋める:新興国市場でのESGリスクへの効果的な取り組み)」の著者による言葉を引用します。「新興国市場には巨大な投資機会と、明確なESGリスクや課題が存在しています。」

「一般的に投資家は、新興国市場のESGリスクの方が先進国市場よりも大きいと感じていますが、新興国市場に投資する段になると、責任投資戦略の適用は相対的に余り広がっていません。しかし、とりわけ新興国市場こそ、投資家がポートフォリオのリスク抑制や投資機会を追求するに当たり、ESGリスクへの取り組みが大きな見返りをもたらす可能性があります7。」

1 Global Sustainable Investment Alliance, 2017 年レビュー
2 Gunnar Friede, Timo Busch & Alexander Bassen, ‘ESG and financial performance: aggregated evidence from more than 2000 empirical studies’ , (ESG と財務実績:2,000を超える実証研究に基づく総合的な立証)」、Journal of Sustainable Finance and Investment、2015年11月
3 Wilma de Groot and Tim Droge, ‘Going for green alpha in emerging markets’, 2017 (新興国市場で環境アルファを追求)」、 2017年
4 Fabiana Fedeli and Wilma de Groot, 'Combining quant and fundamental to diversify your emerging market equity portfolio’, 2017 (クオンツとファンダメンタルズの組み合わせによる新興国株式ポートフォリオの分散)」、2017年
5 CSRがどのように取りまとめられているかの詳細は、 こちら をご覧ください。
6 ロベコのアジア太平洋株式最高投資責任者 with Arnout van Rijn, の インタビュー、 2017年10月
7 Andrea van Dijk, Lotte Griek and Chloe Jansen, ‘Bridging the gaps: effectively addressing ESG risks in emerging markets’ , Sustainalytics, 2012.(ギャップを埋める:新興国市場でのESGリスクへの効果的な取り組み)」、 サステナリティクス 2012年

サステナビリティ投資
サステナビリティ投資

サステナビリティ投資に関する新たな考え方

さらに読む

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会