新たなパートナーシップ

ロベコと世界自然保護基金オランダ支部(WWFオランダ)が提携

このパートナーシップは、ネイチャー・ポジティブな(自然を優先する)金融活動への移行においてリーダーシップを発揮することを共通のアンビションとしています。そのため、それぞれの専門分野を結集して、生物多様性の保全と回復の緊急性を強調していきます。財務上の意思決定に生物多様性を統合する方法についてノウハウを蓄積し、優れた事例を共有することにより、金融セクターの他のステークホルダーに対しても行動を起こすよう働きかけます。

生物多様性ホワイトペーパーの要旨

ロベコとWWFオランダはこのパートナーシップのために、3つの包括的なワークストリームを規定しました:

  • 影響と依存性の測定と管理を含め、 2022年1月に発行したロベコの生物多様性ロードマップにおけるコラボレーション

  • 生物多様性に投資する運用戦略の共同開発

  • お客様や金融セクターの他のステークホルダーに働きかけ、生物多様性を投資に統合する行動を促す

Aaron Vermeulen - WWFオランダ グリーンファイナンス担当ディレクター

Aaron Vermeulen
WWFオランダ グリーンファイナンス担当ディレクター

自然界は危機に瀕しています。人類の歴史上、現在ほど速いペースで生物多様性の減少が進んだ時代はありません。

「今後数年のうちに、WWFオランダとの提携や『生物多様性のためのファイナンス協定』等のコラボレーションを通じて、生物多様性と自然の保護に対する投資家としての貢献度を測定し、貢献の実現を軌道に乗せていくことを、基本的な目標に掲げています。」

「このホワイトペーパーに取りまとめられたロベコの生物多様性ロードマップは、真の意味での一歩前進と言えます。全社的に自然関連の影響と依存性を理解し、これに対応することを目標としています。着実な実行に向けて、ロベコと協働で取り組んでいくことを楽しみにしています。」

Peter van der Werf - エンゲージメント シニア・マネジャー

Peter van der Werf
エンゲージメント シニア・マネジャー

私たちが所属する金融セクターと資産運用業界には、生物多様性のさらなる喪失を阻止するために果たすべき重要な役割があります。