japanja
メガトレンド株式戦略

メガトレンド株式戦略

グローバル株式投資にトレンド運用アプローチを適用

主な特長:

  • 長期的な成長トレンドがパフォーマンスの源泉
  • 成長トレンドの恩恵を受ける事業に特化した企業を選好
  • 業種や地域を問わず、投下資本利益率の高さが実証されている企業に着目

運用哲学

メガトレンド株式戦略の運用哲学は、下記のアプローチによりアルファ創出が可能であるという、ロベコの強い信念に基づいています。

  • トップダウン―初期段階にあり最も投資妙味のあるトレンドとテーマを特定
  • ボトムアップ―特定したトレンドとテーマから恩恵を享受する割安銘柄を選択

運用プロセス

当戦略の運用プロセスは3つの段階で構成されています。まず、グローバルかつ多角的な視点から長期的なメガトレンドをトップダウンにより特定します。4大長期トレンドは「デジタル世界」、「新興中産階級」、「産業ルネサンス」および「健康な老後」であると見ています。次に、選択したテーマに高いエクスポージャーを持ち、かつ将来的に株価の値上がりが見込める企業をボトムアップで選択します。最後に、各ポジションの大きさが確信度に基づき、リスク・リターン・トレードオフを考慮したものとなるように、入念にポートフォリオを構築します。

運用チーム

メガトレンド株式戦略は2名のポートフォリオ・マネジャーが運用します。これらのポートフォリオ・マネジャーをサポートするのが、トレンド株式チームに所属するトレンド・リサーチャー2名と他のトレンド・ポートフォリオ・マネジャーです。同チームは様々なトレンド戦略の運用を担当し、長期の構造的トレンドの恩恵を捉えることにより平均を上回るリターンを提供することを目指します。また当戦略のポートフォリオ・マネジャーは、ロベコのセクター・アナリスト、新興国アナリスト、およびサステナビリティ投資アナリストとも協業する体制を築いています。

Trends investing
Trends investing

Exploiting the behavioral biases

Find out more
お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先

その他