持続可能な開発目標(SDGs):投資家に大きな機会を提供

持続可能な開発目標(SDGs):投資家に大きな機会を提供

21-11-2016 | インサイト

国際連合(国連)は、持続可能な開発目標(SDGs)を発表し、民間セクターにも貢献を求めています。ロベコをはじめとする資産運用会社は、目標達成に大きく貢献することが可能であり、同時に、新たに生じる投資機会の恩恵をも期待できます。

  • Matthias  Narr
    Matthias
    Narr
    Engagement Specialist
  • Bas  Knol
    Bas
    Knol
    Active Ownership Specialist at RobecoSAM

要点

  • 国連は、持続可能な開発目標(SDGs)を発表
  • 国連は、民間セクターにもSDGsへの積極的な貢献を呼びかけている
  • 資産運用会社は、ESG統合やアクティブ・オーナーシップを通じて貢献が可能

2015年秋、国連は、持続可能な開発目標(SDGs)を発表しました。ミレニアム開発目標(MSGs)は、教育水準や保健衛生の改善、飢餓と貧困の緩和等において一定の成果をあげて2015年に達成期限を迎えており、その内容はSDGsに引き継がれました。193カ国が「持続可能な開発のためのアジェンダ」を採択し、2030年までに17のSDGsを達成することが合意されています。17の目標には、すべての人々に水と衛生を提供すること、食料安全保障、ジェンダー平等の実現、安価で持続可能なエネルギーへのアクセス確保等の幅広い項目が含まれ、15年以内の達成を目指しています。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

図1 国連の持続可能な開発目標

出所: http://www.globalgoals.org

民間セクターへの働きかけ

SDGsがMDGsと違うのは、公的セクターだけでなく民間セクターにも協力を求めている点です。加盟国政府と協力して、人類と地球が直面している最も深刻な問題に取り組むことが求められています。

国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、SDGsを達成するためには、すべての国の公共及び民間投資の水準の思い切った底上げが必要です。UNCTADの試算では、SDGs関連投資において年間2兆5,000億米ドルの資金ギャップが生じることとなり、これは、政府の取り組みだけでSDGsを達成することが資金的に難しいことを意味しています。

民間セクターは、発電、再生可能エネルギー、輸送、水、衛生関連プロジェクトへの投資など、特にインフラ整備の分野で、SDGs達成を直接支援することが可能です。もちろん、より抽象的なコンセプトである、持続可能な経済成長や持続可能な生産・消費への貢献も可能です。一方、気候変動への適応や、教育、平和社会の推進といったSDGsは、問題の性質上民間セクターが操作することが難しく、より組織立った対応が必要となります。そのため、これらの目標達成は、主として公的セクターが担うことになるでしょう。

PwCが最近発表した調査報告によれば、目標8(働きがいと経済成長)、目標13(気候変動への対策)、そして目標9(産業と技術革新の基盤)は、民間セクターにとって最も取り組みやすく、実現可能性の高い目標と考えられます。これらの目標は、企業が社会面や環境面の問題を解決することで経済的な利益を得る商機につながるものであり、なおかつ望ましい変化を起こすことにもつながるものです。

ロベコのSDGs貢献のための取り組み

ロベコは、様々な投資戦略の意思決定プロセスに、環境、社会、ガバナンス(ESG)要素を統合することを通じて、SDGsに貢献しています。さらに、企業との建設的な対話や、4000件超の株主総会での議決権行使を通じて、SDGsへの積極的な取り組みを企業に働きかけています。

ロベコは、SDGsが上場企業と非上場企業の双方に商機をもたらすと考えています。SDGsに即して事業戦略を策定している企業は、将来の規制や市場動向をより正確に予想し対応することができるでしょう。それにより、営業免許を失う、構造的変化への対応が遅れて将来的に多額な費用が発生するといったリスクを回避することができます。

Prahalad氏等、またPorter氏等のグループが実施した実証研究において、ESG要素をビジネスモデルに統合している企業では、イノベーション、プロセスの改善、事業運営の効率化、その他様々なプラスの波及効果が見られることが示されています。これにより、業績へのプラス効果も期待できます。一方で、サステナビリティへの取り組みに劣る場合、サプライチェーンにおける問題、低い労働生産性、訴訟費用等につながるおそれがあります。つまり、事業にSDGsを組み入れないと、財務リスクが生じる可能性があるということです。

アクティブ・オーナーシップを通じてSDGs達成を推進

ロベコのガバナンス及びアクティブ・オーナーシップ・チームは、2つの方法でSDGsの達成に貢献しています。1つは、長期的に株主価値を向上させるような環境面や社会面に関する提案を、議決権行使により支持することです。もう1つは、企業との建設的な対話(エンゲージメント)を通じた、SDGsへの取り組み促進です。

一例を挙げると、ロベコでは「欧州の電気事業セクターの環境問題」をエンゲージメントのテーマの1つとして掲げています。このテーマにおいて、電気事業者には、野心的な環境戦略を導入すること、過去のエネルギーミックスの如何に関わらず脱炭素化に重点的に取り組むことを推奨します。具体的には、石炭からガス、再生可能エネルギーへの切り替えや、意味のある水準の炭素価格を企業内部において設定し、計画策定に用いることを促しています。

ロベコは、電気事業者12社に対し、石炭からガスや再生可能エネルギーへの切り替えを推奨することで、目標7(再生可能エネルギー)の実現に貢献しています。これまでのエンゲージメント活動を通じて、同セクターでは既に大きな改善が見られました。例えば、ドイツの電気事業者2社は、再生可能エネルギーを重視したビジネスモデルとなるよう、大胆な見直しを行いました。

「食料と農業のサプライチェーンにおける社会的問題」というエンゲージメント・テーマにおいては、食品業界に対し、小農地保有者の生産能力開発を考慮し、その開発への投資を通じてSDGsに取り組むよう働きかけています。職業能力訓練や農業技術に関する教育の提供により、自らが事業を展開するコミュニティの発展を支援するよう促しています。これは、目標1(貧困の根絶)と目標2(飢餓の撲滅)の達成に通じるものです。

「取締役会の質」と「健全なガバナンス」というエンゲージメント・テーマにおいては、目標5(ジェンダー平等の実現)に寄与しています。これらのエンゲージメント活動においては、企業に対し、性別、年齢、スキルのバランスが取れた取締役会の構築を促しています。

結論

金融業界は、SDGsに寄与する可能性が最も大きいセクターに資金を振り向けることができるという、特別な役割を担っています。国連が発表したSDGsアジェンダの進展は、ロベコの現在の取り組みにまさに合致するものです。ロベコにおいて、サステナビリティ基準はすべての資産クラスの投資プロセスに統合されており、また包括的なアクティブ・オーナーシップ活動を通じて、数多くのSDGsに対応しています。

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会