ユーロ金融機関債戦略
投資適格社債

ユーロ金融機関債戦略

銀行や保険会社の、異なる資本構成を持つ債券に分散したエクスポージャーを取得

主な特長:

  • 自己資本比率の改善が、銀行・保険セクターに投資する強力な根拠に
  • ポートフォリオ・マネジャーとアナリストから成る専任チームが、極めて魅力的な発行体を選択
  • ESGリサーチを投資プロセスに統合することで、ダウンサイド・リスク評価を強化

運用哲学

銀行を対象としたバーゼルIII自己資本比率規制および保険会社を対象としたソルベンシーII規制を受け、金融債に投資する根拠は極めて説得力が高まっています。従来型の劣後債および新型の資本(特にハイブリッド証券)は優先債務よりもスプレッドが大幅に高くなる傾向があるため、魅力的な投資機会になります。

運用プロセス

当戦略の調査プロセスは、広く分散したポートフォリオ構築を目指し、クレジット市場を牽引する短期的な要因やクレジットの魅力度を評価するためのトップダウン見通しと、ボトムアップによる熟練した発行体選択を組み合わせています。この観点では、負け組を避けることが、常に勝ち組を選択することよりも重要です。ポートフォリオ・マネジャーは、カントリー・リスクをしっかりと考慮に入れたうえで投資銘柄を決定します。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

極めて経験豊かなクレジット・アナリスト・チームによる綿密な発行体分析に基づき、ポートフォリオ・マネジャーが投資を決定します。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先