コンサバティブ・クレジット戦略
投資適格社債

コンサバティブ・クレジット戦略

債券における低リスク・アノマリーを効率的に捉える

主な特長:

  • ロベコは1999年以来、クレジット運用にファクター・モデルを採用 
  • 投資適格社債を対象として、ロベコが改良を加えたファクター定義による低リスク・ファクター戦略を実施 
  • ダウンサイド・プロテクションを提供しながら、市場サイクルを通じてクレジット市場並みのリターン確保を目指す

運用哲学

ロベコのクオンツ運用戦略は以下の信念に基づいています。

根拠に基づくリサーチ リスク調整後のパフォーマンスが卓越しているファクターを特定します。この一環として、様々な市場において長期間にわたる膨大な実証的テストを行います。

経済合理性 ロベコは統計的パターンの理解に留まらず、ファクターの背後にある経済的な原動力の理解を目指しています。報われないリスクを回避するために、実証済みのクオンツ・ファクターに改良を加えます。

慎重な投資 当戦略のアプローチは透明性が高く、容易に説明することが可能です。不必要な取引コストを避けることで、低売買回転率と投資リターンの向上を確保します。

運用プロセス

ロベコのコンサバティブ・クレジット戦略はクオンツ・クレジット戦略として、低リスク・ファクターを活用します。一般的なファクター定義を採用する代わりに、改良したファクターを採用することで、報われないリスクの回避と投資リターンの最大化を図ります。当戦略では、参照インデックスよりも低いボラティリティで、市場並みのリターンの達成を目指します。ポートフォリオ構築においては、流動性の管理、売買回転率の抑制、および取引コストの低減を実施しながら、ランキング上位の債券へのエクスポージャーを最適化します。また、モデルでは評価できない定量化不可能リスクについては、ロベコのクレジット・アナリストが追加チェックを行います。

クオンツに関する最新の「インサイト」を読む
クオンツに関する最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

当戦略は専任のポートフォリオ・マネジャーが運用を担当します。経験豊富なクレジット・アナリストやクオンツ・リサーチャーと密接に協力して取り組みます。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先