ハイ・イールド債券戦略
ハイ・イールド債券

ハイ・イールド債券戦略

長期的なクオリティ重視のアプローチにより、効果的なハイ・イールド債券投資を実現

主な特長:

  • 保守的かつ長期のアプローチを採用し、相対的にクオリティの高い債券を重視 
  • 経験豊富で安定したチームによる運用。リード・ポートフォリオ・マネジャーは1998年以来、ハイ・イールド債券を担当 
  • 様々な市場環境において市場を上回る優れた運用実績を実現

運用哲学

投資家にはハーディング現象、つまり大多数の人と同じ方向の取引に群がる傾向が存在すると、ロベコは考えており、逆張り的な投資スタイルを取ることで、多くの投資家が殺到しているポジションに巻き込まれないよう徹底します。また当戦略では、大半の投資家が注目しない小型企業の債券にも投資することで、流動性プレミアムを得ています。当戦略の運用哲学は長期かつ保守的であり、クオリティの高い発行体への投資を選好します。

運用プロセス

運用プロセスはグローバル・ハイ・イールド債券市場のトップダウン分析を基に、発行体に関する綿密なボトムアップ分析を併用します。ポートフォリオの損失を避けるために、当戦略のプロセスではクレジット・リスクの特定と評価をことさら重視します。特に市況または信用格付けの変化時には、ロベコ独自の最先端のリスク管理ツールを駆使することで、綿密なリスク・モニタリングを徹底します。このリサーチ主導の運用プロセス全体を通じて、ESG(環境、社会、ガバナンス)リサーチを活用し、投資のダウンサイド・リスクをさらに分析します。当戦略では、欧州ハイ・イールド債券戦略、およびグローバル・ハイ・イールド債券戦略のご提供が可能です。

クレジットに関する最新の「インサイト」を読む
クレジットに関する最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

ロベコは1998年以来、ハイ・イールド債券のプロから成る専任チームを擁しており、現在のチーム・ヘッドであるSander Busは創設メンバーの1人です。ハイ・イールド債券ポートフォリオ・マネジャーは、経験豊富なクレジット・アナリストやクオンツ・スペシャリストと密接に協力して取り組んでいます。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先