japanja
フィンテック株式戦略
トレンド株式

フィンテック株式戦略

フィンテックへの投資にトレンド運用アプローチを適用

主な特長

  • フィンテックの投資ユニバースは、決済、セキュリティ、コアバンキングに区分される
  • 金融業界デジタル化の長期的、構造的トレンドの恩恵を享受し実現する力のある企業を追求
  • 「勝ち組」「トレンドの推進者」「挑戦者」で構成される、分散の効いたポートフォリオ

運用哲学

フィンテックは、情報伝達技術(ITC)を金融収益につなげる数多くの機会をもたらします。当戦略は、下記のアプローチによりアルファ創出が可能であるという、ロベコの強い信念に基づいています。

  • トップダウン―フィンテック産業における最も投資妙味のあるトレンドとテーマを特定
  • ボトムアップ―ファンダメンタル分析により、フィンテックを実現する力を最も備えた企業や相対的に割安な銘柄を選択

運用プロセス

当戦略の運用プロセスは3つの段階で構成されています。まず、フィンテックの投資ユニバースにおける長期成長トレンドを特定します。次に、投資ユニバースの中から「勝ち組」「トレンドの推進者」「挑戦者」を見極めます。さらに、フィンテックのトレンドから大きな恩恵を享受する銘柄をボトムアップで選択します。銘柄選択においてはファンダメンタルリサーチ、定量リサーチ、サステナビリティ・リサーチを取り入れ、割安銘柄を見出します。最後に、確信度、リスク、分散、厳密な売買規律に基づき、入念にポートフォリオを構築します。.

Trends investing
Trends investing

Exploiting the behavioral biases

Find out more

運用チーム

フィンテック株式戦略は2名の経験豊富なポートフォリオ・マネジャーが運用します。両名ともロッテルダムを本拠とするトレンド投資部門に所属しています。両ポートフォリオ・マネジャーをサポートするのが、トレンド投資部門に所属する専任のトレンド・アナリストや他のトレンド・ポートフォリオ・マネジャーです。また当戦略のポートフォリオ・マネジャーは、ロベコのセクター・アナリスト、新興国アナリスト、およびサステナビリティ投資アナリストとも直接情報を共有します。