japanja
サステナビリティ・テーマ株式戦略

サステナビリティ・テーマ株式戦略

長期的な世界のトレンドから生じる課題と投資機会

主な特長:

  • 人口動態の変化、気候問題、公衆衛生、食の質と安全といった世界的な課題に対応
  • 環境と社会にプラスのインパクトを生み出す
  • ソリューション提供企業にフォーカス-サステナブルなソリューションを開発する企業に資金を投下

運用哲学

天然資源の枯渇に対する解決策を探り、これを実践する企業は、長期で成長し、長期で市場をアウトパフォームする態勢が整っています。例として、清浄飲料水を充分に供給できる企業、廃水処理やクリーンエネルギーに注力する企業が挙げられます。

運用プロセス

ロベコでは、堅固で規律ある運用プロセスにより、一貫した銘柄選択アプローチを保ちながら、ファンダメンタル分析に重点を置き、確信度の高い株式からなるポートフォリオを構築することが可能となっています。

ロベコが培ってきたサステナビリティとテーマ型運用における専門知識が、投資プロセスの各段階に統合されています。 各テーマの投資ユニバースは、当該テーマの対象となる長期的なサステナビリティ課題に基づいて構築されます。 さらに、分析対象企業のサステナビリティ特性が、ファンダメンタル評価によるバリュエーションに加味され、その魅力度に影響を及ぼします。 ロベコでは、財務分析に対象企業のサステナビリティ面のパフォーマンスを統合し、そのうえで適正株価を算出します。

ロベコSAMは、サーキュラー・エコノミー、スマート・エネルギー、スマート・モビリティ、スマート・マテリアル、サステナブル・ウォーター、サステナブル・フード、およびサステナブル・ヘルシー・リビングの各戦略を提供しています。

サステナビリティに関する最新の「インサイト」を読む
サステナビリティに関する最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

当戦略はロベコSAMのポートフォリオ・マネジャーが運用します。ポートフォリオ・マネジャーは、チューリッヒを拠点に、テーマ型運用チームの一員として活動し、専任の株式アナリストや、テーマ型運用チームに所属する他のポートフォリオ・マネジャーからのサポートを得て運用を行います。さらに、ロベコSAMのセクター・アナリスト、新興国市場アナリストやサステナビリティ・アナリストとも連携しています。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先

その他