BPグローバル・プレミアム株式戦略
グローバル株式

BPグローバル・プレミアム株式戦略

運用効果のある3つの特性-バリュエーション、強固なファンダメンタルズ、事業モメンタム-を重視した銘柄選択

主な特長:

  • 投資ユニバースは、グローバル市場の大型株から小型株まで網羅。極力運用制約を設けず、3つの特性(輪)を重視した銘柄選択により卓越した銘柄に投資
  • 地域、セクター、時価総額の制約ない運用で、一貫して超過収益を獲得
  • ボトムアップで分散されたポートフォリオを構築。保有銘柄数は約70~135銘柄

運用哲学

投資哲学は、運用の世界で明白な、以下の「基盤となる真理」に立脚しています。

(1)低 バリュエーション株式は、高バリュエーション株式をアウトパフォームする。
(2) ファンダメンタルズが強固な企業(例えば投下資本リターンが高く持続可能な企業)は、ファンダメンタルズが弱い企業をアウトパフォームする。
(3)事業モメンタムが上向きの銘柄(例えば収益見通しが上昇している企業)は、事業モメンタムが下向きの銘柄をアウトパフォームする。

当戦略では、上記3つの特性を常に反映させた分散投資ポートフォリオを構築します。これらの特性はシンプルなルールでありながら、ダウンサイド・リスクを抑制し、株式元本を保全し、複利ベースの投資リターンを最大化します。

運用プロセス

ボストン・パートナーズでは、ポートフォリオはボトムアップで構築します。まず、クオンツのスコアリングとスクリーニングを駆使し、「バリュエーション」、「ファンダメンタルズ」および「モメンタム」という3つの輪の特性に基づき、世界中の10,000銘柄以上の株式を毎週スコアリングします。これにより、投資対象候補を効率的に特定し、ファンダメンタルズ分析の対象リストを作成します。銘柄絞り込み後のファンダメンタル・リサーチでは、公開資料、業界情報、経営陣との議論など全ての領域を調査対象に組み入れています。

最新の「インサイト」を読む
最新の「インサイト」を読む
配信登録

運用チーム

ロベコ・グループ傘下のボストン・パートナーズが運用を行います。ファンダメンタルズ・アナリストとクオンツ・アナリストから構成されるリサーチチームが、ポートフォリオ・マネジャーを、そして当運用戦略の規律をサポートします。ポートフォリオ・マネジャーが最終決定に責任を持ち、各アナリストはポートフォリオ保有の担当銘柄の説明責任を持ちます。

お問い合わせ

当運用戦略の詳細をお知りになりたい方は、当社にご連絡ください。

お問い合わせ先