サステナビリティ投資用語集

議決権行使

企業のガバナンスや業務に影響を及ぼすことを目的とした、年次株主総会での投票。

議決権行使は、積極的(アクティブ)な株主が企業に影響を及ぼすことができる手段です。重要課題があるにもかかわらず、企業が株主や他のステークホルダーの意見を聞くことに消極的である場合、年次株主総会における議決権行使は非常に有効な手段となり得ます。株主総会で決定された事項は公表されます。株主が議案を否決した場合、企業はその問題に何らかの対応をとらなければなりません。

例えば、ICGN グローバル・スチュワードシップ原則などに従って、運用会社が議決権行使のガイドラインを策定することは現実的で効果的です。これは、優れたコーポレートガバナンスの実践として、国際的に認められたベストプラクティスのひとつです。この原則は、コーポレートガバナンス、リスクマネジメント、報酬方針、株主の権利、透明性の向上を目的としています。

より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
サステナビリティ投資