サステナビリティ投資用語集

スチュワードシップ・コード

機関投資家に対し、投資プロセスにおける透明性を確保し、投資先企業へのエンゲージメント(関与)を実践し、株主総会で議決権を行使することを求める行動規範。

最初のスチュワードシップ・コードは、株主の長期的なリスク調整後リターンを向上するために、資産運用会社と企業とのエンゲージメントの質の改善を目指して、2010 年に英国で導入されました。2014 年の初めに、日本がアジアで初めてスチュワードシップ・コードを取り入れました。また、国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)は、グローバル・スチュワードシップ・コードを発表しています。

スチュワードシップ・コードには強制力はありませんが、企業が事業を続けるためには必要な条件との認識が高まりつつあります。例えば、日本最大の年金基金である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、取引する運用会社に日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを要求しています。

より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
サステナビリティ投資