サステナビリティ投資用語集

社会

ESG の「S」。環境、ガバナンスと共に、サステナビリティ投資で注視すべき主要項目のひとつ。

「社会」の問題は、人々やコミュニティの権利、福祉、利害に関係するものです。人権、サプライチェーンの中での労働基準、児童就労や強制労働、職場の健康や安全性、そして地域社会との関係などが挙げられます。

社会問題に適切に対処し、現場の様々なステークホルダーの利益に配慮する企業は、云わば「社会的な営業ライセンス」を手に入れることができます。これは地域社会やステークホルダーによってどの程度受け入れられている、または認められているかという水準を意味します。企業がビジネスを行うにあたり、そのライセンスを持つことで、政府による認可とともに「社会的な認可」を獲得することができるのです。人々の充分な支持が得られなければ、政府機関が営業許可やライセンスを交付しない場合も多く、民主主義国家の下では、「社会的な営業ライセンス」を持つことが益々重要となっています。

社会的課題に取り組まない企業は、風評被害、コストの上昇、訴訟などのリスクを抱えることになります。

より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
サステナビリティ投資