サステナビリティ投資用語集

ESG 統合

環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する情報を、投資意思決定プロセスに組織的に統合すること。

サステナブル投資を実践する運用会社は、サステナビリティが企業の業績に重要な影響を与えると確信しています。財務上関連性の高いサステナビリティ情報を加えることで、より優れた投資判断ができると考えられます。

様々な種類のサステナビリティ情報がある中で、運用会社は、先ず財務上重要なESG 情報を特定します。次に、その重要と思われる要因が個別企業に与える影響を分析し、その企業が競争上優位にあるのか不利にあるのかを見極めます。さらにその影響を考慮して、株価の評価モデルの調整を行います。

ロベコでは、サステナビリティ情報を国債や社債の分析にも同様に活用しています。ロベコのクレジット分析では、社債の発行体のキャッシュ創出力と、キャッシュフローの質に注目しています。ロベコのクレジット・アナリスト・チームは、ESG を含む5つの異なる項目を一定の方法で評価していますが、E(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)それぞれの要因の重要性は、セクターによって異なります。例えば信用危機の時には、金融セクターにおいて優れたコーポレートガバナンスの重要性が明らかになりました。

ロベコの国債ポートフォリオでは、「ロベコSAM カントリー・サステナビリティ・ランキング」を活用しています。このランキングは、ESGの包括的なデータベースに基づくもので、年に2度見直されます。スプレッドや格付けに反映される前に、その国への投資機会やリスクを見極めるための早期警戒システムとして機能しています。

より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
より豊富な情報を適切に反映した投資判断のために
サステナビリティ投資