japanja
ロベコの強み

強みを活かして
お客様の目標達成を
支援

データと人間の知恵との融合により収益を獲得する、最先端アプローチ

これは、ロベコがこれまで常にとってきたアプローチでもあります。1929年の創設以来ずっと、お客様がロベコに期待し続けてきたこと-それは、革新的かつ実証に基づく投資戦略の提供でした。これを受け、ロベコは、サステナブル投資やクオンツ運用という特定の分野における専門知識の蓄積・進化という道を選んできました。さらに、トレンド戦略、クレジット戦略、新興国市場戦略においても、同様のアプローチで潜在する機会を開拓、追求しています。 

水面下に潜む本質を見極める

ロベコでは、リサーチの力を確信しています。社内に業界有数の専門家を擁するロベコは、持続的資産形成の隠れた原動力を解き明かし、活用します。

データとリサーチが要

リサーチに基づく投資は、真の意味でロベコの運用の根幹です。ロベコではリサーチが事業活動の核となっているのです。ロベコは、ファンダメンタル、サステナブル、クオンツという3分野のリサーチを的確に解釈して、着実にリターンを提供することを目指します。実証できないものを投資に利用することはありません。
Gilbert Van Hassel – CEO
Gilbert Van Hassel – CEO
「今こそ『運用資産に語らせる』べき時なのです」

サステナビリティによる成功への道

未来を明確に見通すためには、サステナビリティを考慮することが不可欠です。ロベコでは、既に数十年にわたり、サステナビリティを企業価値の主要な源泉と位置付けてきました。これにより、株価上昇につながる新たな成長機会を見極めると同時に、潜在的な問題を予測して下落リスクを軽減することが可能となります。ロベコは、幅広くESGを統合し、革新的リサーチを実践することにより、絶えず最先端のサステナブル投資ソリューションを追求しています。
Masja Zandbergen - Albers
Masja Zandbergen - Albers
サステナビリティ統合責任者