japanja
保険会社における気候変動のリスク管理

保険会社における気候変動のリスク管理

07-02-2022 | インサイト

保険会社ほど気候変動の厳しい現実にさらされているセクターはありません。特に、世界中の規制当局が規制強化のスタンスをとる中で、サステナブル投資への移行や、保険会社のポートフォリオにおける気候リスク抑制の必要性が高まっています。

  • Clara Yan
    Clara
    Yan
    Head of Insurance Analytics

もっとも、保険セクターにとっては、課題が存在する一方で、投資と保険引き受けの業務において必然的かつ望ましい構造変化の恩恵を享受する、大きなチャンスをももたらしています。世界が排出量ネットゼロを目指す中、再生可能エネルギーや脱炭素化技術をはじめ、大きな投資機会が訪れています。

一方で、規制は厳格化が進み、金融業界が地球温暖化に対する行動を起こすことへの社会の期待が高まっています。保険会社はどう対応すべきでしょうか。

本レポートでは、気候関連リスクへの対応に指針を提供する保険規制当局の役割について考察します。特に関連性が高いのは気候リスクのストレステストの分野です。ストレステストでは、保険会社の財務に与える潜在的な影響を評価するために、幅広いシナリオが検討されています。

また、地域別の概要として、欧州とアジア太平洋地域における気候リスク管理の最新の動向をご紹介します。最後に、ロベコが自らのソルベンシー評価において適用している気候リスクのストレステスト・シナリオを示し、気候リスクが保険会社の資本要件に与える影響について見解を共有します。

保険会社向けソリューション
保険会社の皆様が求めているのは、効率的に資本を保全しながら魅力的なリターンを獲得することです。 ロベコのソリューションは、ソルベンシーⅡの枠組みにおける資本規制の観点から、保険会社の皆様の目標達成を支援することを目指して設計されています。
詳しく読む

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会