japanja
Why climate risk considerations are especially relevant for buy-and-maintain portfolios

Why climate risk considerations are especially relevant for buy-and-maintain portfolios

02-07-2021 | インサイト
Decarbonizing long-term, stable portfolios calls for a forward-looking approach.
  • Remmert Koekkoek
    Remmert
    Koekkoek
    Head of Sustainable Multi Asset Solutions
  • Guido Moret
    Guido
    Moret
    Head of Sustainability Integration Fixed Income

Speed read

  • Climate risk considerations are especially relevant for buy and maintain
  • A forward-looking approach addresses carbon impact for longer tenors
  • Optimization reduces transaction costs towards a decarbonized portfolio

Countries, companies and investors are making firm commitments to reach net zero, in line with the Paris Agreement. According to Robeco’s 2021 Global Climate Survey, climate change will be central to the investment strategy of almost 90% of global investors in the next two years, while more than half of investors will commit to aligning their investments with the ambition to realize a net zero economy by 2050. These commitments emanate not only from a conviction about the urgency of collective action to mitigate climate change. They are driven, too, by investors’ realization that their assets are exposed to climate risk, and that it is critical that these risks are managed through prudent portfolio construction and bond selection.

These concerns around climate risk mitigation are especially critical for buy-and-maintain investors, who are limited in their ability to trade assets and who have a long-term investment horizon. When constructing these bespoke portfolios, Robeco assesses climate risks across sectors and companies, and optimally allocates bonds across the maturity spectrum, thereby preserving sector diversification through time and positioning companies with lower carbon footprint on longer tenors. 

We outline our forward-looking process and discuss our approach to allocating carbon footprint across maturity buckets. A detailed case study for a buy-and-maintain cashflow-matching portfolio illustrates the practical steps and considerations when, for example, limiting turnover while transitioning towards a lower carbon footprint portfolio.

クレジットに関する最新の「インサイト」を読む
クレジットに関する最新の「インサイト」を読む
配信登録

Download the paper

ディスクレーマー

個人情報は、細心の注意をもって適切に取り扱います。事前の同意なしに第三者に提供することはありません。

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会