japanja
ファクター戦略による投資目標達成:特定のファクターへのエクスポージャー取得

ファクター戦略による投資目標達成:特定のファクターへのエクスポージャー取得

31-10-2019 | インサイト

ファクターに基づく戦略は、特定のファクターへのエクスポージャー取得に役立ちます。当記事は、投資家が様々な目標を達成する上でファクターがどのように役立つかを取り上げるシリーズの第5弾です。

要点

  • 個別のファクターへのエクスポージャーは重要な意味を持ちます。
  • 単一ファクター戦略は、エクスポージャーを調整するのに有効です。
  • 打ち消し合いを回避することが鍵となります。

背景

2000年代後半にファクター投資が一般的になるずっと以前から、多くの投資家が既に個別のファクタープレミアムを活用していました。バリュー戦略はその好例です。バリュー効果とは、例えば企業の株価純資産倍率(PBR)で測定されるような、企業の本来価値に対して割安な銘柄が、市場を上回るリターンを達成する傾向のことであり、この傾向は実証研究により裏打ちされています。

数十年にわたり、数々の著名な投資家が、証券取引において本来価値を下回る価格で購入することを提唱しており、伝統的なアクティブ運用の運用機関の多くがいわゆるバリュー戦略を提供してきました。1930年代には既に、コロンビア大学ビジネススクールのベンジャミン・グレアム氏とデイビッド・ドッド氏が、割安株への投資を提唱していました1 。後にウォーレン・バフェット氏は、これとほぼ同様の原理に基づいた投資哲学で大きな成功を収め、有名になりました。

こうした環境の中、最近では多くの投資家が、バリューやモメンタムといった特定のファクタープレミアム、あるいは特定のファクターの組み合わせへのエクスポージャーを得る体系的かつ運用費用効率の高い方法として、ファクター投資に目を向け始めています。実際、FTSEラッセルがアセットオーナーを対象に先頃行った調査によると、特定のファクターのエクスポージャーを得ることは、ファクターに基づく投資戦略を検討するきっかけとなった投資目標の第5位に入っています。

クオンツに関する最新の「インサイト」を読む
クオンツに関する最新の「インサイト」を読む
配信登録

科学的根拠

当シリーズの以前の記事でも論じているように、数十年に及ぶ学術研究の結果、十分に検証された少数のファクタープレミアムにフォーカスした運用戦略が、統計的にも経済的にも有意で特異なリターンをもたらすことが分かっています。これらのファクタープレミアムは、互いに並行して存在する明白な現象であり、複数の市場や資産クラスにわたって存在が確認されています2

したがって、異なるファクタープレミアムを追求すれば、通常、異なる投資成果につながります。これは図表1に示されています。図表は、MSCIワールド・バリュー指数、MSCIワールド・モメンタム指数、MSCIワールド最小分散指数、MSCIワールド・クオリティ指数という広く知られた株式指数のデータを基に、グローバル株式市場に投資する一般的な4つの単一ファクター戦略の、1988年6月から2015年12月までの期間におけるシャープレシオとインフォメーションレシオを示しています。

出所: Blitz, Huij, Lansdorp and van Vliet、「Efficient factor investing strategies(効率的なファクター投資戦略)」、ロベコ調査報告書、2016年。超過収益は対MSCIワールド指数、期間は1988年6月~2015年12月。リターンは米ドルベース。一般的なファクター戦略として、MSCIバリュー指数、MSCI モメンタム指数、MSCI最小分散指数、MSCIクオリティ指数を使用。投資の価値は変動します。過去のリターンは将来のリターンを保証するものではありません。

異なる単一ファクター戦略間の相違は、長期的に表れるだけではありません。短期的に見ても、あるファクタープレミアムのパフォーマンスが、市場に対し、あるいは他のファクタープレミアムに対して、ある期間劣後したり上回ったりする場合があります。こうした期間が数年間継続することもあります。

これら全ての調査結果から、異なるファクターは時間の経過とともにそれぞれ別の動きを見せることが分かります。したがって、各投資家のニーズや優先順位に応じて各ファクターへのエクスポージャーを個別に検討し、単一ファクター戦略を用いて配分を行うのは合理的と言えます。例えば、明確にインカムを選好する投資家は、通常高い配当をもたらすバリュー戦略や低ボラティリティ戦略への配分を高めることが適切かもしれません。一方で、売買回転率を抑えることを重視する投資家は、ポートフォリオの高回転率を招く傾向のあるモメンタムへの配分を控えることを選択するかもしれません。

その他の検討事項

しかし、投資家が、各々の戦略上の志向に応じて個々のファクターへのエクスポージャーを監視し調整することは、理論上は単純な作業のように思われますが、実践においては非常に多くのことを考慮する必要があります。このテーマに関する学術文献は豊富にあり、定量的なファクターへのエクスポージャーの測定やパフォーマンスの要因分析のために、ロベコ独自のツールをはじめ、多くのツールが市場に出回っています。

それにもかかわらず、これらファクターへのエクスポージャーを正確に測定することは、多くの投資家にとって依然として容易でない課題となっています。特に、当分野に精通していない投資家は必要なリソースが不足していることが多く、難しい課題と言えます。多くの学者や、実務としてこれを実践している専門家は、設計に不備のあるモデルや不適切なモデルの危険性について警鐘を鳴らしています3

適切な測定ツールを使っていない投資家は、例えば、ある特定のファクターに対するシステマティック・エクスポージャーを、ポートフォリオ・マネジャーによるアクティブ運用によって生み出されたアルファと混同してしまうかもしれません。こうした状況を背景に、ファクターの組み合わせを予め設定した (マルチファクターの)ソリューションを提案する運用機関が増えています。

特定のファクターへのエクスポージャーを求める投資家にとって、もう1つ大きな落とし穴となり得るのは、ファクター同士の相互作用、場合によっては相互の打ち消し合いが生じることによる影響です。一般的な単一ファクター戦略は、通常、これらの相互作用を考慮していないため、最適でないファクター・エクスポージャーをもたらす結果となります。例えば、バリュー戦略が結果的に、モメンタムに対しては大幅にマイナスのエクスポージャーとなっていた、といったケースです4 。これは、他の実証されたファクターへのマイナスのエクスポージャーを防ぐために、ファクター定義を改良して再定義したファクターを使用する効率的なファクター戦略が必要であることを裏付けています。

1 Benjamin Graham and David Dodd、 「Security analysis’(証券分析)」 、1934年
2 例えば、ロベコが先頃出版した研究論文集:G.Baltussen, M.Martens, P.van Vliet、「Quant Allocation‐Collected Robeco Articles(クオンツ・アロケーション-ロベコ記事集)」(2018年)を参照のこと。
3 例えば、Israel R. and Ross A.、「Measuring Factor Exposures: Uses and Abuses,(ファクター・エクスポージャーの測定:活用と誤用)」、The Journal of Alternative Investments(2017年)を参照のこと。
4 詳細については、例えば、Blitz D. and Vidojevic M.、「‘The Characteristics of Factor Investing(ファクター投資の特性)」、ロベコ調査報告書(2018年)を参照のこと。

ファクター戦略による投資目標達成

当記事シリーズは、ファクターに基づく運用戦略を通じて達成可能となる、様々な投資目標について解説するものです。

シリーズの全記事をご覧ください:

ファクター戦略による投資目標達成:リスク削減 ファクター戦略による投資目標達成:リターン向上 ファクター戦略による投資目標達成:より効果的な分散 ファクター戦略による投資目標達成:コスト削減 ファクター戦略による投資目標達成:特定のファクターへのエクスポージャー取得

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会

本記事に関連するテーマ: