japanja
事実か虚構か:サステナビリティ投資は株式に限られる?

事実か虚構か:サステナビリティ投資は株式に限られる?

12-10-2018 | インサイト

サステナビリティ投資が株式運用を向上させることは多くの投資家が知っています。しかし、真の意味で債券ポートフォリオに活用する投資家は極めて限られています。これは残念なことです。サステナビリティ投資は債券に対しても同様に有効で、市場によっては必要不可欠なリスクマネジメントになり得るからです。

  • Masja Zandbergen - Albers
    Masja
    Zandbergen - Albers
    Head of sustainability Integration

要点

  • 国債や社債の分析にもESG基準は使用されます。
  • 国や企業の調査によりダウンサイド・リスクの評価が可能です。
  • グリーンボンドはサステナビリティ投資の新しい手法であり、人気が高まっています。

サステナビリティ投資が株式だけに有効だという迷信は存在しています。確かに国債の価格は、個々の企業のESG要因よりも、金利やGDPの成長率といったマクロ経済要因に敏感です。いずれは返済されるべき債務にESG問題がどのように影響するのか、理解し難いと考える投資家もいます。

この迷信を解くには結局のところ、ロべコが長年従ってきたクレジット市場の原則 ― ポートフォリオでは常に勝者を選ぶよりも、むしろ敗者を避けることが重要 ― や、リスク削減に努める姿勢に帰着します。敗者を避けるためには、どの債券にもある本質的なリスク、つまり発行体の借入返済能力、言い換えればデフォルトの可能性の入念な分析が必要です。そこでESG分析が有効となります。

国債に関しては、さまざまなESG基準を分析することで、発行する国々を評価することができます。ロべコSAMのカントリー・サステナビリティ・ランキング(CSR)は、各国に関する大量のデータを集め、それをスコア化し、年に2度その情報を更新しています。そのスコアは17の要因を基に計算されるもので、内訳は環境に関するものに15%、社会に25%、ガバナンスには60%配分されています。CSRは国別配分決定に大いに役立ちます。例えば、2017年10月の調査結果では、アイルランドが非常に好評価だった一方でトルコは不芳だったため、債券の運用チームはそれに応じてポートフォリオのリスクを調整しました1

発行体の信用力の評価

またロベコSAMでは、二酸化炭素排出から労使関係や役員構成に関する項目まで、企業のあらゆる詳細なESGパフォーマンスに関する質問票による調査を実施し、コーポレート・サステナビリティ評価(CSA)としてまとめています。その元データは証券固有のものではなく企業そのものに関する情報であるため、株式にも社債にも利用されています2。株式の場合と同様に、集められた情報は全て財務上重要なものでなければなりません。利益率や売上、コストなどの要素に、目に見える影響をもたらすということです。これは、企業の社債返済(または借り換え)能力に直結します。株式に関する分析はアップサイドの可能性に注目しますが、債券の場合、ダウンサイド・リスクを避けることが中心となります。

ESGに関して蓄積された情報は、その債券の投資価値についてのより幅広い分析に組み入れられます。下の図のように、ロベコでは発行体を、サステナビリティ・スコアに加えて、企業の財務状況、事業のポジショニング、企業戦略、企業形態の5項目からなる「Fスコア(=ファンダメンタルズ・スコア)」として評価します。

全ケースの3分の1に影響

2017年のロベコのクレジット投資の実績では、ESG情報が総合的なファンダメンタルズ分析に実際にマイナスの影響を与えたケースは、投資ユニバ―ス中30%で、プラスの影響を与えたのは3%でした。この結果が債券のポートフォリオ・マネジャーの投資判断に直接影響を与え、株式同様、債券売買の判断材料となっています。

しかし、それぞれのESG要因の相対的な重要度は業界毎に異なります。リスク管理上、石油産業にとっては環境要因と排出削減の必要性がより重要であり、小売業では労使関係、銀行業ではガバナンスが優先されます。食品企業にとっては、より健康的な商品の製造を求めるプレッシャーが高まっています。最近英国議会に提出された資料は、「砂糖は新たな煙草のようなもの」であるとし、相当の税を課すべきと訴えています。これは食品飲料メーカーにとっては将来の収益や営業免許そのものに対する明らかなリスクです3

人気を博すグリーンボンド

債券市場において、独自に浸透したサステナビリティ投資分野の1つがグリーンボンドです。グリーンボンドは、主に新興国市場における風力発電所や浄水施設など、環境プロジェクトの資金調達のために発行される債券です4

仕組みは通常の国債や社債と同じで、大半は投資適格債です。その中には、プロジェクトからの将来の収入(例えば、全国的な電力網に販売される再生可能エネルギーなど)を裏付けとして証券化形式で発行されているものもあります。

2007年に欧州投資銀行と世界銀行が初めてグリーンボンドを発行して以来、市場は堅調に拡大してきました。現在ではロベコを含む主要な投資家にも人気で、一部の債券ファンドの中に組み入れられています。2014年にグリーンボンド・インデックスをスタートしたバンクオブアメリカ・メリルリンチによれば、グリーンボンドの総発行残高は、2017年現在で2,000億米ドルを上回っています5

1 CSRがどのように取りまとめられているかについての詳細は、こちらをご覧ください。
2 CSAについての詳細は、こちらをご覧ください。
Dr. Aseem Malhotra、「Sugar is the new tobacco, so let’s treat it that way(砂糖は新たな煙草のようなもの。ふさわしい対応を)」、2016年
グリーンボンドについての詳細はこちらをご覧ください。
バンクオブアメリカ・メリルリンチ調べ

Sustainable Investing
Sustainable Investing

Discover all on sustainable investing.

Read more

重要事項

当資料は情報提供を目的として、Robeco Institutional Asset Management B.V.が作成した英文資料、もしくはその英文資料をロベコ・ジャパン株式会社が翻訳したものです。資料中の個別の金融商品の売買の勧誘や推奨等を目的とするものではありません。記載された情報は十分信頼できるものであると考えておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。意見や見通しはあくまで作成日における弊社の判断に基づくものであり、今後予告なしに変更されることがあります。運用状況、市場動向、意見等は、過去の一時点あるいは過去の一定期間についてのものであり、過去の実績は将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。また、記載された投資方針・戦略等は全ての投資家の皆様に適合するとは限りません。当資料は法律、税務、会計面での助言の提供を意図するものではありません。

ご契約に際しては、必要に応じ専門家にご相談の上、最終的なご判断はお客様ご自身でなさるようお願い致します。

運用を行う資産の評価額は、組入有価証券等の価格、金融市場の相場や金利等の変動、及び組入有価証券の発行体の財務状況による信用力等の影響を受けて変動します。また、外貨建資産に投資する場合は為替変動の影響も受けます。運用によって生じた損益は、全て投資家の皆様に帰属します。したがって投資元本や一定の運用成果が保証されているものではなく、投資元本を上回る損失を被ることがあります。弊社が行う金融商品取引業に係る手数料または報酬は、締結される契約の種類や契約資産額により異なるため、当資料において記載せず別途ご提示させて頂く場合があります。具体的な手数料または報酬の金額・計算方法につきましては弊社担当者へお問合せください。

当資料及び記載されている情報、商品に関する権利は弊社に帰属します。したがって、弊社の書面による同意なくしてその全部もしくは一部を複製またはその他の方法で配布することはご遠慮ください。

商号等: ロベコ・ジャパン株式会社  金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2780号

加入協会: 一般社団法人 日本投資顧問業協会